• side-banner01
  • side-banner02
  • side-banner03
ページ上部へ

河内長野市で永代供養をお考えの方|永代供養とは

 

永代供養とは

永代供養|お墓を”持たない”という選択

近年、無縁仏と呼ばれる、掃除などの管理をする新族のいないお墓が増えていると言います。このような中で、一般的なお墓を持たないという選択が注目されています。

この記事では、その中でも永代供養についてご紹介します。

 

【目次】

・永代供養とは
・永代供養墓とは
・永代供養墓のメリット・デメリット
・永代供養墓の種類と費用相場
・永代供養墓が向いている人
・永代供養が向いていない人
・永代供養墓を選ぶ際の注意点
・今あるお墓から永代供養墓に変えることは可能?
・お墓を永代供養墓に変更する際にかかる費用

・まとめ

 

永代供養とは

永代供養とは、様々な理由でお墓参りに行けない遺族の方に代わって、霊園や墓地の管理者が遺骨を預かって、供養や管理を行ってくれる供養方法のことです。

よって、永代供養をすると、お墓は霊園や寺院が永代に渡って全て管理してくれるため、子孫がお墓を継承する必要はありません。

お墓の跡継ぎがいない方や、お墓を持っていないという方から人気が高まっています

 

・永代使用との違い

永代供養と似た言葉に「永代使用」というものがありますが、言葉は似ていても意味はまったく異なります。

永代使用とはお墓の土地を永代にわたって使用する権利のことで、墓石を立てる際はその土地の使用料として永代使用料を支払います。

なお、通常のお墓の場合、一度永代使用料を払えば、あとは子々孫々までそのお墓を継承することができます。

 

永代供養墓とは

永代供養墓は、霊園や墓地の管理者が遺族に代わって供養・管理をしてくれるお墓のことをいいます。少子化や核家族化、独り身の方など、様々な理由から、お墓を継承する人がいない人や子孫に負担をかけたくないという人でも持つことができるお墓として人気です。従来、亡くなると先祖代々のお墓に入って、その子孫がお墓を受け継ぐというお墓の持ち方が主流でしたが、供養方法は多様化し、お墓を持たない考え方の人も増えてきています。

 

通常のお墓は、維持費や管理費が必要ですが、永代供養墓の場合、永代供養料を支払うことで管理費等が必要ありません。また、永代供養墓は墓地用の土地と墓石の準備がいらないため、お墓の費用を可能な限り抑えたいという方にも多く利用されています。

永代供養には契約期間が定められていることが多く、契約期間が過ぎると、他のご遺骨といっしょに合祀(ごうし)されます。施設によっては最初から合祀という条件の永代供養墓も存在しますので、必ず確認しましょう。

 

永代供養墓というと、その言葉から、ご遺骨を最初と同じ埋葬方法で永遠に管理してもらえると誤解されてしまうことがありますが、ご遺骨の安置期限が決められている場合もあります。

ただし、安置期間に明確な決まりはなく、霊園や寺院ごとに3回忌、17回忌、33回忌、50回忌など、ご希望やプランによって様々です。また、安置期限を過ぎると、ご遺骨は他の方のご遺骨と一緒に共同のスペースで合葬され、引き続き供養が行われます。中には安置期限が過ぎたご遺骨を土に埋葬したり、ご遺骨の一部を骨壺に納めて残したりするなど、霊園や寺院ごとに様々な埋葬方法があります。

 

「永代」の言葉通り、安置期限がなく、寺院がある限りいつまでも個別の区画で管理や供養をしてもらえる場合もあります。

永代供養墓を検討する際は、安置期限についても確認し、ご希望を明確にしておくことをおすすめします。

 

永代供養墓のメリット・デメリット

 

・永代供養墓を選ぶメリット

 

  • お墓の継承者が不要

永代供養は、供養と管理を永続的に受けることができるため、お墓の継承者がいなくても供養の心配はありません。墓地のお手入れもしてもらえるのでお墓が荒れ果てることもありません。お墓の継承者がいない人だけでなく、ご家族に負担をかけたくない方にもおすすめです。

 

  • 費用を抑えられる

一般的なお墓の場合、管理費用が供養する期間によって異なりますので、お墓を持つことに関わる総額の費用を算出するのが難しいですが、永代供養墓は予めお墓を持つ期間を選択することができるため、費用を抑えることができます。新しくお墓を建てるのにかかる費用の相場は200万円前後といわれていますが、永代供養墓の場合は10万円~100万円程度ですので、一般的なお墓に比べると費用を抑えることができます。

 

  • 生前の申込が可能

永代供養墓は生前に申込をすることができるので、ご自分が入るお墓を自分で決めて、手続きを行うことが可能です。作業的な負担や費用的な負担を家族にかけることなくお墓をもつことができます。

 

  • 宗教や宗派を問わないことが多い

永代供養墓を持つのが寺院墓地ではない場合、宗教宗派に関係なくどなたでも供養してもらえるお墓が増えています。寺院墓地での永代供養を検討されている場合は、檀家になるなどの条件が定められている場合があるため、寺院に問い合わせすることをおすすめします。

 

  • 交通の便が良い

一般の墓地は市街地から離れた交通の便があまり良くない場所にあることが多いです。一方で永代供養墓は市街地にあり交通の便の良い場所にあることが多いです。

 

・永代供養墓を選ぶデメリット

 

  • 遺骨が合祀される

永代供養墓は、最初からまたは一定の期間が過ぎると遺骨は合祀されます。他の方の遺骨と一緒に埋葬されると個人を特定することができないため、遺骨を取り出して別のお墓に移す改葬や、手元供養などができなくなりますので注意が必要です。

 

  • 家族や親族からの理解を得られない場合がある

永代供養墓ができたのは、1980年代と言われています。永代供養墓の需要は増えていますが、先祖代々のお墓に入るという従来の考え方をお持ちの方もいらっしゃるため、一定期間を過ぎると他の方と一緒に合祀される点や、家のお墓に入らないという点で家族や親族からの理解を得ることが難しい場合があります。後々トラブルになる可能性もあるので、購入する前にきちんと話し合いをすることが大切です。

 

永代供養墓の種類と費用相場

永代供養墓には、ご家族や親しい方、お一人で入るお墓など他のご遺骨と区画を分けて個別に埋葬した後に、一定期間を過ぎて合祀されるものと、最初から合祀されるお墓の2種類があります。いずれ合祀されるという点では同じですが、亡くなってから一定期間は個別に入るか、最初から他の人と合祀されるお墓に入るかという違いがあります。一般的なお墓や樹木葬、納骨堂といったお墓の種類の中で、はじめから合祀するタイプと、区画を分けて納めるタイプが存在します。

 

・樹木を墓標とする「樹木葬」

 

樹木葬とは、墓石の下に遺骨を埋葬するのではなく、樹木を墓標として遺骨を埋葬する比較的新しいお墓の種類です。樹木の下に遺骨を埋葬することによって、自然に還ることができるという考え方で人気が高まっている自然葬のうちの一つです。

 

樹木葬には主に3つのタイプがあり、シンボルとなる大きな樹木に他の方の遺骨と一緒に埋葬する合祀型の樹木葬と、シンボルとなる樹木の下に埋葬するのですが、区画を分けて個別に埋葬する集合型の樹木葬、1本の樹木を個別に用意して、その樹木の下に遺骨を埋葬する個別型があります。

樹木葬の費用は、合祀タイプが5万円~20万円、集合型樹木葬が15万円~60万円、個別型樹木葬が20万円~80万円と墓石が必要な個人墓と比べて安価です。

 

・駅近の好立地も選択できる「納骨堂」

 

納骨堂は、遺骨を納骨する建物のことです。納骨堂には、ロッカー式、仏壇式、機械式など様々な形態があります。納骨堂の形式で、最も知名度が高いものがロッカー式です。ロッカーのように区切られた壇が壁一面に並んでいて、そこに遺骨を納骨します。スペースは狭いのですが、その分費用を抑えることができます。納骨堂は、特に墓地用地が不足している都心部で増加傾向にあります。

 

納骨堂にかかる費用は10万円~200万円程度です。仏壇式の納骨堂は、霊廟型(霊廟型)とも呼ばれていて、仏壇が横に並んでいます。一般的には上段は仏壇になっているので位牌を安置することができ遺影やお花を飾り、下段には遺骨を納めるスペースがあります。

最近のロッカー型はデザインやバリエーションが多彩で、華やかな見た目の物や、扉を開けると小さなお仏壇のようになっている物もあります。小さいながら完全に個別のスペースで供養をすることができます。

 

仏壇式の費用は、30万円~250万円程度です。上壇に仏壇、下壇にご遺骨の収蔵スペースがあるタイプとなります。仏壇スペースの利用に制約はなくには、遺影を飾ったり、故人が好きだったお花を飾ったりと、自由に使えるのが魅力です。下段の収蔵スペースも広々としており、代々のお墓としても利用できます。仏壇の大きさや装飾によって異なりますが、総じて他の納骨堂のタイプに比べて価格帯は高めです。

 

機械式は、可動式の納骨堂のことで、自動搬送式納骨堂とも呼ばれています。普段は、遺骨は決められたスペースに保管されていますが、立体駐車場や荷物の搬送などに使われているシステムを応用しているので、専用のカードをタッチパネルにかざすと、裏側の収蔵庫から参拝ブースまでご遺骨を収めた厨子(ずし)と呼ばれる箱が自動的に運ばれてきます。狭小なスペースでもかなりの数のご遺骨を収蔵できるため、駅から近いビルなどに建設されていることが多くみられます。遺族がお参りに来たときに決められた操作をすることでお参りすることができます。スクリーンに遺影が映し出されるところもあります。納骨堂の中でも機械式は少し高く、50万円~150万円程度です。

 

・費用が安価な合祀タイプの「永代供養墓」

 

合祀タイプは、最初から他の方の遺骨と一緒に埋葬する永代供養墓です。他の人の遺骨と一緒に納骨するので、後から遺骨を取り出すことはできません。一般的に合祀タイプは、費用が3万円~10万円程度と最も安く抑えられます。管理のみで費用を安価に抑えるために、ゆうパックを使って遺骨を寺に配達し永代供養を行うサービスなどもあります。

 

公営の施設も比較的低価格で使用できます。

民営の寺院や霊園は多少価格が上がりますが、管理だけでなく、春秋のお彼岸やお盆には合同法要が行われたりするなどのサービスがある場合もあります。

毎日住職が読経してくれる場合や、お盆やお彼岸の供養だけのところ、お願いするお寺や霊園により費用に差があります。基本的に年間管理費はかかりません。

 

「 永代供養墓が向いている人 」

・お墓の継承者がいない人

 

お子様がいらっしゃらない、親戚付き合いがないなどお墓を管理するご家族や親族がいない人に向いています。永代供養墓は、あらかじめ管理費を支払っておくので、きちんとお墓の管理と供養をしてくれます。お墓参りに来てくれる人がいなくても、放置されることはないので安心です。

 

・家族に負担をかけたくない人

 

お墓の管理は大変です。お墓の草むしりなどのお手入れや法要、維持や管理にかかる費用負担など手間もかかります。お墓が遠くにある場合や、交通の便が悪い場所にあると行くのも大変です。子供や孫などのお墓の継承者がいても、負担をかけたくないという方に、永代供養墓は向いています。

 

近年では、お墓の管理に不安を抱いた子供が親に永代供養墓を薦めることもあります。生前に申込ができるところもあるので、家族間で話し合ったうえで永代供養墓に引っ越しをする方もいらっしゃいます。

 

・自分一人あるいは夫婦だけでお墓に入りたい人

 

先祖代々受け継がれてきたお墓に入るのではなく、自分一人だけもしくは夫婦だけでお墓に入りたいという人にも永代供養墓は向いています。嫁ぎ先のお墓に入ることに抵抗があるという人もいます。知らない人が沢山いる嫁ぎ先のお墓に入るのであれば、夫婦のみのお墓で眠りたいという方も増えています。また、近年仲の良かったお友達と入りたいという方ニーズに対応し、友人同士で入れるお墓も増えています。

 

「 永代供養が向いていない人 」

 

・家族や親戚の理解を得にくい人

 

従来の考え方である、お墓は家に紐づき、先祖代々のお墓を受け継ぐという考え方が強いご家庭では理解を得ることが難しい可能性があります。供養を施設に任せることに抵抗がある方や、手を抜いていると感じてしまうと同意を得ることは難しいでしょう。本人が永代供養を望まれても、家族や親戚の同意を得られなければ永代供養墓に入ることは難しいといえます。

 

・合祀に抵抗がある人

 

永代供養は契約期間がついている場合が多く、期限が過ぎると合祀されます。期間は異なりますが、短いところでは三回忌、一般的には三十三回忌をもって弔い上げとして、合祀されることが一般的です。知らない人の遺骨と一緒に埋葬されることに抵抗がある人は向いていません。費用はかかりますが、中には合祀されないところもあるので、事前に確認が必要です。

 

・改葬を考えている人

 

永代供養墓は、契約期間が過ぎると合祀されます。合祀された後は遺骨を取り出して、改葬することはできないため向いていません。

 

 

永代供養墓を選ぶ際の注意点とは?

・場所

永代供養墓を選ぶ際に重要となるのは、まず自宅からの距離です。あまりにも遠くてお墓参りもめったに行けないような場所では、永代供養墓を持つ意味がなくなります。先祖供養を考えると、いつでも行きたいときにお墓参りに行けることが大切です。また、永代供養墓までの交通機関も重要となります。それほど遠くなくても、何度もバスを乗り継がなければならないような場所にお墓があるのでは、やはり行くのに時間や費用など手間がかかってしまいます。他にも、車でお墓参りに行く場合には、季節や祭日などに交通渋滞するような場所にある永代供養墓は、できれば避けた方が無難でしょう。

このほか、意外と見落としがちなのは、徒歩で行った場合の周辺状況です。交通機関や車を降りてからどのくらい歩くのか、階段や坂道があるのか、あればその勾配、またお墓までの道路の舗装の有無なども、お墓参りをする人にとっては気になるところです。

また、永代供養墓を持つと、ずっとそこにお墓参りに通うことになりますので、周辺の雰囲気や近隣に適当な商店があるかどうかなども、永代供養墓選びにかかせない要件となってきます。途中で休憩や食事をする店や花屋などがある方が、永代供養墓を求める立地として適しているかもしれません。

 

・費用・維持費

永代供養墓を求める際に申し込み費用を支払いますが、その中に含まれるものをしっかり確認しておきましょう。通常、永代供養墓の費用の中には、すべて必要なものが含まれることになっています。しかし、場合によっては管理費やお布施などが別に必要となるケースもありますので、契約前によく確認するようにしましょう。

また、永代供養墓を申し込むには、申し込み者の単位も重要となってきます。ここでいう単位とは、永代供養墓を利用できる人数はひとりなのか、夫婦単位なのか、家族単位なのかということです。価格だけを見て、安いからと永代供養墓を決めてしまうと、ひとりしか利用できないということもありますから、注意が必要です。

仮にひとり用を求めてしまった場合、新たに家族の納骨が必要になると、別に永代供養墓を購入しなければならず、後の管理によけいな手間がかかることになります。

 

・施設の状況

永代供養墓を求める場合には、お墓の造りも重要となります。

前述の通り、ひと口に永代供養墓といっても、納骨堂のような本格的な形式もあれば、樹木葬などですます場合もあります。永代供養墓は家族みんなで故人を偲ぶ大切な場所ですから、家族全員と親族はもちろん、できれば親しい友人知人まで納得してくれる形式のものを選ぶようにしたいものです。

また、永代供養墓には合葬式、個別式、集合式などの種類がありますので、どの形式にするかは、家族全員の同意のもとで決めた方が無難です。そうしないと後々トラブルの元となる可能性があります。

 

他に、施設の付帯設備状況も重要となります。ここでいう付帯設備とは、本堂や法要室、休憩所などの設備のことです。お葬式やお墓参りに訪れた際に、こういった設備がどれくらい充実しているかは意外と重要になります。高齢者のお墓参りのことを考慮して、これらの設備がすべてバリアフリーになっている施設もありますので、事前に確認をしておくことを、おすすめします。

 

・納骨スペースも重要

基本的に、お墓は子々孫々まで守り伝えるものです。長い年月の間には、どうしても新しい遺骨を納める必要も出てきます。そのことを考えると、納骨スペースは広いものが良い場合もあります。

また、納骨スペースは広さだけでなく、その形態や使いやすさ、納骨の方法なども確認しておく必要があります。

さらに、納骨された人の名前を記録する墓誌には、個別墓誌と集合墓誌がありますので、これも事前に確認しておくようにしてください。

集合墓誌には他家の方の故人名も書かれているため、個別墓誌を希望する方が増えています。

 

・納骨期間や法要の回数

永代供養の納骨期間はさまざまです。

はじめから合祀の場合もありますし、一定期間まで個別(3回忌・13回忌・33回忌など)から、希望年数まで個別などの種類があります。納骨期間についても、事前に家族とよく話し合っておくと良いでしょう。

また、永代供養墓を選ぶには、法要の回数も重要となります。法要の種類は、春秋のお彼岸とお盆の年3回、祥月命日に1回、毎日などさまざまなパターンがあります。

ちなみに、永代供養墓を運営する寺院によっては宗教や宗派不問で受け付けてくれるところもあります。しかし、中にはその寺院の宗派に帰依することを求められる場合もあります。寺院に帰依するとは、その寺院の檀家になるということです。つまり、家系代々の宗派を変えることになるため、この点も家族でよく話し合っておかないと、あとでトラブルになることがありますので注意が必要です。永代供養墓には種類があり、寺院や霊園によって異なります。最も多いのは、共同のモニュメントの下に複数の遺骨を納めるタイプです。他にも、樹木葬・納骨堂などがありますので、ご自分に合ったものを選ぶようにしましょう。一定の期間が過ぎると他の人の遺骨と合祀されてしまい、遺骨を取り出して改葬することはできなくなるので、期間をあらかじめ訪ねておくとよいでしょう。

 

今あるお墓から永代供養墓に変えることは可能?

現在一般的なお墓をお持ちの方が、跡継ぎや管理が不要な永代供養墓に変更したいという場合、お墓の引っ越しを行うことが可能です。使用していたお墓をたたむ「墓じまい」を行ったのち、お墓の引っ越し(改葬)を行います。

 

<変更の手続き方法>

1.今あるお墓に関する手続き

お墓のある霊園・墓地の管理者に埋葬証明書の発行をしてもらいます。墓地の管理者の方に、永代供養へ変更する旨を伝えます。埋葬証明書は、決まった書式はなく自由です。

 

2.改葬許可申請書の手続き

今あるお墓と移転先のお墓の管理者に、改葬許可申請書に署名捺印してもらいます。改葬許可申請書は市区町村役場でもらうことができます。

 

3.移転先のお墓と契約

新しいお墓のある墓地や霊園の管理者から受け入れ許可証明書を発行してもらいます。

 

4.市区町村役場に改葬許可申請をする

改葬許可申請書・埋葬証明書・受入許可証の3点を役場に提出し、改葬許可証を発行してもらいます。改葬許可証が発行されれば、墓じまいをすることができます。

 

5.閉眼供養(魂抜き)をする

今のお墓から、故人の魂を抜く儀式「閉眼供養」を行います。閉眼供養をすることで、お墓は魂を祀る役目を終了します。閉眼供養が終わったら、石材店の人にお墓から遺骨を取り出してもらいます。

 

6.新しいお墓に納骨する

新しい永代供養のお墓に納骨するために、墓地や霊園の管理者に改葬許可証を提出します。新しいお墓へ納骨します。

 

その他

古いお墓は撤去する作業が必要ですので、石材店に相談しましょう。

 

お墓を永代供養墓に変更する際にかかる費用

 

・離檀料

お墓が寺院墓地にあった場合は、檀家を辞めるために寺院側に手渡すお布施「離檀料」が必要なケースがあります。離壇料については都度、菩提寺管理者へ確認が必要です。

 

・墓石の撤去費用

お墓の解体撤去作業費は、1㎡あたり10万円前後で、墓石の撤去費用の相場は30万円前後です。

 

・永代供養墓に入るための費用

永代供養墓の費用相場の項目でご紹介しましたが、お墓のタイプやサイズによって異なるため10万円~250万円程度と差があります。

 

まとめ

永代供養墓は、少子高齢化や核家族化の進行によりニーズが高まっています。お墓の継承者がいない人でも安心して供養してもらうことができる、普通のお墓と比較すると料金が安い、家族や親戚の負担を減らすことができるなど様々なメリットがあります。

一方で、分骨や改葬ができないなどの、従来のお墓とは異なる部分も多くあります。

トラブルを避けるためには、永代供養のメリットだけでなく、デメリットや問題点、リスクについてもしっかり知ることが大切です。

また、事前に具体的な対策を取ることでも、トラブルを未然に防ぎやすくなります。とくに気をつけたいのが、「永代供養について家族・親族とよく話し合う」というポイント。関係者が集まった際には、反対意見に耳をかたむけ、お互いの意見を尊重し、じっくりと話し合いをおこなうことが大事です。

お見積り無料! まずはお気軽にお問い合せください

  • 電話番号: 0120-441-104
  • main-contact-line
  • main-contact-mail
  • main-contact-web